「商業科はおもしろい!」~新しい自分発見!~

1.商業に関する専門知識・技術が習得できます。

2.社会に出てから必要となるマナーやビジネスの知識を身につけることができます。

3.ビジネスに関するさまざまな検定試験に合格することができます。

4.資格を活かして、就職はもちろん、大学進学が可能です。

商業科担当(安達 清江)より

みなさんは普段買い物に行くとき、どのお店を選びますか。そして店内ではどのように動いて、どんな商品を手に取り、誰と相談して何を購入していますか。買った後は、満足しましたか。この無意識にみえる行動の中にも、実は「商業」のいろいろな仕組みが隠れています。「商業=難しい」というイメージを「商業=楽しい」へ。商業を学び、ビジネスを知り、みなさんが自信をもって社会に出ていく力を育てます。

商業科担当(寺﨑 祥一)より

商業科は社会のしくみ、経済の成り立ち、商業の基礎を学んで、社会人としての基本を身につける学科です。その学ぶ過程で様々な資格取得を目指します。商業科で学んで合格できた資格は一生使えます。検定試験にチャレンジした結果が達成感や自信につながり、さらに上を目指してみんな頑張っています。本校では学校内の学習だけでなく、小倉井筒屋での「デパート実習」があり、社会人になる準備・経験をする学習があります。また、生徒自身で考えたアイデアを商品化するオリジナル商品の開発の授業もあります。いろいろなことにチャレンジしてスキルアップしましょう。

私は、「大好きなバスケットボールに思い切り打ち込みたい、たくさんの資格を取って将来進学したい」、と思い、美萩野の商業科を選びました。 商業に関する専門的な授業が多く、毎日の授業はとても楽しいです。授業でも部活動でも、新しいことを知る楽しさや、これまでできなかったことができるようになる嬉しさがあり、「やればできる」を実感しています。また、学校行事では、女子校ならではの一体感や、先輩たちとのつながりがあり、とても楽しく、充実した高校生活を送っています。

商業科 鈴川 萌(思永中学校出身)

Q&A

商業科へ頻繁に寄せられる疑問・質問をまとめました。

安心してください。みんなゼロからのスタートです。基本から丁寧に学んでいくことができます。

大丈夫です。勉強が苦手な人も級友と励まし合いながら、3年間で実力を向上させています。商業関係を中心に皆が多様な資格を取得し、卒業しています。

商業科だけの特色ある行事として、毎年12月に実施する小倉井筒屋での販売実習があります。 約2週間、実際にお客様と接することで、実践的・社会的マナーなどたくさんのことを経験します。また、平成29年度から福岡銀行での研修も計画しています。

各検定試験の前には、進度に応じて補習授業を行っています。特に1月の簿記検定試験前は全学年とも「簿記祭り」として、クラス一丸となって合格に向けて勉強します。

商業科からも、大学・短大・専門学校等に進学する人が増えています。特に取得した資格が推薦入試の出願条件になっている上級学校への入学は、商業科生徒の利点です。

商業科には多数の求人があり、約8割以上の生徒が事務職や販売職・サービス業・製造業など幅広い業種に就職しています。地元の企業はもちろん、県外でも多くの卒業生が活躍しています。

3年次に「課題研究」の時間があります。これは、「資格取得」「作品制作」「調査実験研究」の三分野から自分の興味や関心に応じた分野を選択し、自主的にその分野を学習するものです。昨年の「調査実験研究」では地元製パン業者の協力を得て、オリジナルパン(おはぎちゃんパン)の開発・販売を行いました。

※「おはぎちゃん」とは美萩野女子高校オリジナルキャラクターの名前です。

行事予定

商業科月々の行事予定のpdfファイルです。

行事一覧へ

商業科 ブログ

最新ブログ記事5件

商業科1年生向けに銀行見学会を行いました

 こんにちは。  10月24日、商業科1年生を対象として銀行 …

2017年11月07日

お知らせ / 商業科

続きを読む
ブログ一覧へ