更新日:2018年3月23日

卒業生が「接遇コンクール」で入賞です!

こんにちは!

先日の記事で書いた「接遇コンクール」について嬉しいお知らせです。

「接遇コンクール」とは、1年間学んできた”入室の仕方”や”電話応対”、”来客対応”、”上司とのやり取りの仕方”などをロールプレイ形式で行い、評価を受けるコンクールのことです。

そのコンクールにおきまして、卒業生の村田繭さんが4位に入賞いたしました。

おめでとうございます!

村田さんのように、在校生たちも向上心を胸に頑張ってほしいと思います。

更新日:2018年3月23日

クラスマッチ!

こんにちは。

本日は、3月19日(月)に行われたクラスマッチの様子をお伝えします。

 

2学期にもバレー・バスケのクラスマッチを行いましたが、今回はドッジボールです。

女子だけということでさぞかし穏やかなドッジボールに・・・・・・なんていうことはありません。

男子顔負けのスピード感と闘志! 女子高であることを忘れるほどの熱気でした。

 

優勝したのは1年1組!

これでバレー・バスケに続き、3冠達成です。

来年度のクラスマッチも楽しみですね。

更新日:2018年3月23日

第2回進路説明会を行いました。

こんにちは。

3月14日(水)に、第2回の進路説明会を実施しました。

今回、講師として来ていただいたのは、本校の卒業生である藤川星奈さんです!

藤川さんは2年前に本校を卒業し、現在は九州産業大学の経営学部に通う大学2年生です。

大学とはどのようなところなのか、現在どのような勉強をしているのか、大変わかりやすく説明してくれました。

その立ち居振る舞いや話し方、用意してきた資料の内容などからも、彼女がどれだけ成長したのかがうかがえます。

「世界は広くなったが、世界をより近くに感じるようになった」と語る藤川さんの講演は、生徒たちにとって良い刺激になったようでした。

これから1・2年生は春休みに入りますが、その間にも進路についてよく考え、新年度は明確な目標を持ってスタートをきってほしいと思います。

 

更新日:2018年3月23日

2年生向けの学校説明会・就職説明会を実施いたしました。

こんにちは。

3月12日(月)に、2年生の普通科進学コースと商業科の生徒を対象に、学校説明会・就職説明会を実施いたしました。

今回の目的は、進学希望者は「学校理解」、就職希望者は「自己理解と就職準備」です。

 

進学希望者向けの説明会の様子です。

個別説明会の形で行ったため、多人数で受けるよりも、各自の進路に沿った説明を聞くことができたようです。

 

    

 

就職希望者向けの説明会では、自己分析や就職試験対策などを行いました。

写真はお辞儀の練習をしている様子です。

まだまだ未熟なお辞儀ですが、これから練習を重ねて上手くなっていくことでしょう。

 

 

3年生への進級を目前に控え、生徒たちの進学や就職に対する意識を高める良いきっかけになっていればと思います。

講師の先生方、ご協力ありがとうございました。

更新日:2018年3月23日

「第20回学校華道インターネット花展」ノミネート賞に選ばれました!

こんにちは!

教室に春の柔らかな日差しが差し込む季節となってきました。

 

さて、本日は、華道部に関する嬉しいニュースをお届けいたします。

皆さんはインターネット華展をご存知でしょうか。

今回で20回目を迎える「学校華道インターネット花展」には、全国から7,170名の作品の応募があったそうです。

そして、その中からノミネート賞として1,144作品が選ばれ、本校華道部2名の作品も選ばれました。

 

普通科進学コース3年 村上あんず (湯川中)

「秋の始まり」

 

「秋の風」

 

商業科2年 藤井茉優 (南曽根中)

「カラフルな秋」

 

日頃の練習の成果はもちろん、それぞれの人柄溢れる、素敵な作品に仕上がっています。

村上さん、藤井さん、ノミネート賞受賞おめでとうございました!

 

また、今回選ばれたノミネート賞の中から、”いけばな池坊最優秀賞”をはじめとする各賞が選ばれます。

そちらの結果も楽しみに待ちたいと思います。

更新日:2018年3月5日

第70回卒業証書授与式

こんにちは

3月1日(木)に第70回卒業証書授与式ならびに第11回看護専攻科修了式が挙行されました。

本校では、本科の卒業式と共に、看護専攻科の修了式も行います。

生徒たちは、3年間、もしくは5年間の思い出と共に、学び舎での最後の式典に臨みます。

琴の音色が響く中、厳かに始まった卒業式。

卒業証書ならびに修了証書授与では、担任の先生から一人ずつ名前を呼ばれ、代表生徒がクラス全員の証書を受け取ります。

校長先生による式辞。

3年生への感謝を胸に、在校生からの送辞。

在校生から卒業生へ、カーネーションの贈り物。

一人ひとり、「おめでとうございます」の言葉とともに、手渡していきます。

そして、3年間の思い出や感謝、これから歩む未来への思いを込めて、卒業生からの答辞。

溢れる思いが、涙となって零れ落ちます。

 

この後も滞りなく式は進み、無事に卒業式・修了式を終えることができました。

体育館から退場していく卒業生・修了生の晴れやかな表情が、彼女たちにとっての学校生活が良いものであったと物語っていました。もちろん、楽しい日々ばかりではなかったでしょうが、苦しく辛いことも、全てを自分たちの糧に変えてきたのでしょう。

良い3年間・5年間を過ごしてきたのだと思います。

 

また、式典中、様々な方が卒業生の門出を祝ってくださる中で、生徒達は多くの人の手によって大切に育てられ、愛されてきたのだと実感しました。卒業生・修了生に関わって下さった全ての皆様、本当にありがとうございました。

最後に、卒業生・修了生の皆さん、おめでとうございます。

皆さんの歩んでいく道が、キラキラと輝く幸せにあふれたものとなりますように。

そして、皆さんが自らを磨く努力を惜しまずに生きていけますように。

いつも応援しています。                  美萩野女子高等学校教職員一同