疑問点を見つけ、解決しようとする生徒は必ず伸びます。前向きな姿勢があるからこそ、夢に向かって一生懸命取り組めるんです。だからこそ、私も、企業での研究職の経験を活かし、みんなが色んなことに興味を持てるよう工夫を凝らした授業を行っています。美萩野女子で、一緒に夢を追いかけませんか?全力でサポートしますよ!

小畠 匡貴 先生(化学)

私が授業で大切にしているのは「つまらない」を「楽しい!」にどれだけ近づけられるか。美萩野女子の生徒はみんな素直で成長が目に見えてわかるので、私も元気をもらっています。高校生活は人生のターニングポイントになる3年間。卒業する時には、自分でも想像できなかった自分がそこにいるはずです。一緒に成長していきましょう!

朝長 志帆 先生(保健体育)

美萩野女子の生徒の良いところは、明るく前向きで、失敗をきちんと反省し次に活かせるところ。やるべきことが明確になるので、確実に成長できるんです。また、生徒全員がありのままの自分でのびのびと過ごしているのも魅力のひとつ。ぜひオープンスクールに参加して、美萩野女子の雰囲気に触れてみてください。

寺﨑 祥一 先生(商業・情報)

生徒たちの色々な可能性を見つけるのが、私たち教員の仕事。商業科は様々な分野の授業があるので、自分がおもしろいと思えることが必ず見つかるはずです。それが見つかれば、実生活で活かされ、自ずと将来につながっていきます。美萩野女子で商業の楽しさに触れ、将来への可能性を拡げてください!

安達 清江 先生(商業・情報)

看護科・看護専攻科では、患者様に対する思いやりや優しさを持った看護師を育成しています。技術や知識はもちろん必要ですが、患者様に寄り添う気持ちを持つことで、看護師としてだけでなく、人としても大きく成長できるはずです。美萩野女子で看護の心を学び、優しさあふれる看護師として活躍してください。

二木 悠子 先生(看護科)

私は急性期病棟で働いていた経験を活かし、実際の看護現場の声を伝えられるような授業を行っています。リアルな看護を知り、イメージすることで、実習でも柔軟な対応ができるようになるんですよ。国家試験前も、私たち教員が合格までしっかりサポートします。美萩野女子で、看護師の夢を叶えてください。

末永 景子 先生(看護専攻科)