商業科1年生向けに銀行見学会を行いました

 こんにちは。

 10月24日、商業科1年生を対象として銀行見学会を行いました。

 銀行見学会は本年度からの試みで、福岡銀行北九州営業部様のご協力により実現いたしました。

 DVD学習などを取り入ながら、商業科の専門科目である「簿記」や「ビジネス基礎」の授業を通じて以下の内容を学校において事前学習し、銀行見学会に臨みました。 「小切手や約束手形、為替手形の取引の記帳」、「銀行の主な業務である預金業務や貸出業務、為替業務」、「インターネットの普及に伴うネット銀行の登場」などです。

 見学会では、まず、全体の講義で、銀行の主な業務である預金業務、貸出業務、銀行間のお金のやりとりをする為替業務、クレジットやローンの仕組み、クレジットカードのメリットやデメリットなどについて説明や解説をしていただきました。その後は銀行業務の見学です。銀行の業務を間近で見る機会はなかなかないので、とても新鮮でした。

 初めて見る1000万円のお札の束。また、実際に使われている手形や小切手を見たり、お札を数える札勘体験も行いました。この札勘体験は初めて体験する生徒ばかりだったので、きれいな扇型に広げるには上手く行かず苦労しましたが、興味津々といった様子で取り組んでいました。

 銀行はとても身近な存在でありながら、見学をするという経験はなかなかできません。このような場を設けてくださった福岡銀行北九州営業部の皆様、ありがとうございました。今回の貴重な経験が、これからの簿記やビジネス基礎といった商業科目の意欲的な取り組みや検定取得、そして卒業後の就職先として金融系や銀行で働きたいと思える生徒が増えてくれることを期待しています。