1年生向けの職業ガイダンスを行いました

こんにちは!

11月30日(木)に1年生(普通科進学コース・商業科)向けの職業ガイダンスを行いました

実際に進路を決定するのは3年生の時です。しかし、進路決定を悔いなくしっかりと行うために、本校では1年生の時から様々な形で進路について学び、考える時間を設けています。今回は「職業理解」を目的としたガイダンスです。

まずは全体講義、そして分科会へという流れでした。

全体講義では、「どのように職業を選ぶのか」や「社会人として気を付けていること」など、多岐にわたってお話をしていただきました。

その中で、「コミュニケーションは話すことではなく聞くことだ。理想的なのは、話すことと聞くことが50%ずつであり、そのバランスがとれていれば、良いコミュニケーションがとれている。」という言葉を講師の方がおっしゃっていました。話すことこそがコミュニケーションだと勘違いしてしまいがちですが、考えて見れば、話すだけではなく、相手の話を聞くこともとても大事なことですね。社会人になってからだけでなく、学校生活の中でも活かしていける考え方だと思いました。

分科会では以下の7つの講座に分かれて、1時間じっくりとお話をうかがいました。

・美容   ・動物   ・幼児教育

・看護      ・栄養   ・ビジネス   

・ブライダル、ホテル、観光、旅行 

   

それぞれの職種の辛いところや楽しいところ、やりがい、内容についてお話を聞く中で、生徒たちも真剣に前のめりになりながら耳を傾けていました。

講師の方々、今回はご協力いただき誠にありがとうございました。

本校では今年度中にあと一回、職業ガイダンスを予定しております。そちらでは分科会を2時間受講します。それによって生徒たちは年間で計3時間の分科会に参加し、3つの職種について学ぶことができたことになります。

入学した時点では「進路って何だろう?仕事って何?」と思っている生徒たちも、こうしたガイダンスを受けていく中で、少しずつ進路についての考えを深めていくことができます。本校ではこのように少しずつ、しかし確実に、進路実現への歩みを進めていく取り組みを行っています。