美萩野女子高等学校 » いじめ防止基本方針

いじめ防止基本方針

1 本校におけるいじめ防止等のための目標

  1. いじめがすべての生徒に関する問題であることに鑑み、「いじめ防止対策推進法」の精神に則して、生徒が安心して学校生活を送り、学習やその他の活動に取り組むことができるよう、いじめを生まない環境づくりをする。
  2. 学校生活のあらゆる機会を利用して、いじめが生徒の心身に深刻な影響を及ぼす許されない行為であることを十分に理解させる。
  3. いじめ問題が発生した場合は、組織的かつ迅速で的確な対応を行うことで、いじめの早期解消に努める。

2 いじめの未然防止

  1. いじめは、どこの学校でも、どの生徒にも起こり得るものであることを全職員が十分に認識し、未然防止に取り組む。
  2. 生徒が安心安全に学校生活を送り、規律正しい態度で授業や行事に主体的に参加できるよう授業づくり・学級経営等を推進していく。
  3. 学校教育活動における人間関係づくりを通じて、生徒の自尊感情や自己肯定感を高め、他者の人権を尊重する精神を培う。

3 いじめの早期発見

  1. いじめは、目に付きにくい時間や場所、悪ふざけやからかい等から起こることを認識し、些細な兆候であっても小さな変化等を見逃さない姿勢を持つよう努める。
  2. 学校生活に関する定期的なアンケート調査等を生徒や保護者に対して実施し、情報を教員間で共有し、問題解決に努める。

4 いじめに対する措置(ネット上も含む)

  1. いじめの発見・通報を受けた場合は、正確な事実確認を行い「いじめ防止・対策委員会」を核として、速やかに組織的に対応する。
  2. 被害生徒を守り、加害生徒には教育的配慮の下、毅然とした態度で指導する。
  3. いじめが犯罪行為であると認められるときは、関係機関と連携し対応する。